大学職員の貯金額を暴露【2020年6月】

  • 2020年7月1日
  • 2020年8月8日
  • 資産額
  • 797view

いきなりですが、他人の貯金額って何故か気になりませんか? 笑

普段、なかなかできない話だからか、私は結構気になってしまうのです・・・

特に仕事が違う方の収入や貯金額って全く想像がつかないので、非常に面白いですね。

また、年金問題なんかもありますが、皆さんがどんな投資・資産運用をしているのかも気になるところです。

何かと噂の多い大学職員・・・。 この記事を読めば、大学職員の貯金額がわかります!(一般的かどうかはわかりませんが 笑)

ちなみに、同情してもらうためでも、自慢するためでもありません!

・大学職員の年収はよく公開されているが、貯金額はあまり公開されていない
実は貴重な情報なのでは??? 笑

・自身の資産形成を促進するために、記録をつけていきたい
→記録って大事です。

大学職員の資産運用を促進したい!
→お金持っているはずなのに、意外と投資していないみたいなので・・・

大学職員って、やっぱりお金が好きなんだな〜とか、全然貯金できてないじゃん・・・とか、何でもいいので、楽しみながら見てもらえたらと思います!

月一で情報発信する予定ですので、貯金額の推移も見てもらえたら幸いです。

大学職員の貯金額内訳と資産額増減

早速ですが、2020年6月末時点の資産総額は・・・・・

約 25, 352,000円(前月比+500,000円)

そして、こちらの内訳と増減も見ていきたいと思います。 (※金額の大きいものから列挙します。)

項目 金額 前月比
FX(トラリピ) 6,721,000 321,000
投資信託 5,535,000 220,000
社債 4,000,000 -1,000,000
ETF
(トライオートETF)
2,010,000 9,000
現預金 1,905,000 962,000
ソーシャルレンディング
(SBIソーシャルレンディング)
1,849,000 0
個別株 1,136,000 -2,000
定期預金 1,000,000 0
外貨(ユーロ・ズロチ) 545,000 -3,000
iDeCo 456,000 8,000
電子マネー・商品券 135,000 -10,000
仮想通貨 60,000 -5,000
合計 25,352,000 500,000

5月の137万アップほどではないですが、6月は50万アップです!(社債が大きく減っているのは、100万円償還されたからです。)

ちなみに、普通に貯金した金額としては20万ぐらいだったので、差額の30万は投資によって得た利益ですね。

コロナの傷が完全に癒えたわけではありませんが、上々な気分です。再び資産額2500万を超えましたしね!

なお、あくまで含み損・含み益を考慮した金額なので、まだ確定しているわけではありません。今後暴落する可能性もありますが、淡々といきます。

それでは、順番に見ていきましょう。

大学職員の投資(守り):ソーシャルレンディング

現在、私が資産運用における守りの要として投資しているのが、ソーシャルレンディングです。

初心者向けということで、数年前までは社債投資を中心にしておりましたが、最近は利率を考えるとあまり魅力的ではなくなってきているので、償還されるたびにSBIソーシャルレンディングへどんどん移行しています。

下記でまとめたように、6月も完全放置で11,000円ほどの利益が出ています。

リスクをとってFX等に注力しているため、徐々に元本を減らしていますが、相変わらずの安定感ですね。

完全放置でこの結果には満足しています。

最近は投資家の間にも定着してきた投資手法ですね。こちらでも詳しくまとめています。

大学職員の投資(守り):投資信託iDeCo

やっている方も多いと思いますが、私も投資信託iDeCoは積立で購入しています。

積立ですので、今後も投資金額は順調に増やしていく予定です。

継続して積み立ててきたことで、だいぶ金額も大きくなってきましたね。

まず、投資信託については、今年は米国株式(S&P500)にNISA枠全額(120万円)を突っ込む予定です。

ただし、1度に投資するのは危険なので、マイルール通り、毎日5200円程度(月によりますが、月額約10万)を積み立てています。

まだまだ価格は低い水準にありますが、それでも買い続けることで、積立投資の恩恵を十分に受けています。
今月の残高は22万増加です。

ちょっとずつ価格が戻ってきましたかね?

なお、下がったとしてもあくまで含み損ですし、購入を考えると、下がれば下がるほど安く買えることなりますので、値下がりは必ずしも悪いことではありません。

積立の威力を信じて、淡々とやるのみです!

また、iDeCoについては大学職員の限度額である12,000円を毎月積み立てています。

こちらもやっとプラスに転じました!額が小さいのでそれほどインパクトはありませんが、今後に期待です。

当たり前ではありますが、投資には調子がいい時もあれば、状況が悪くなることもあります。

繰り返しになりますが、相場が下がればその分安く買えるということですし、長期的に見れば株価(特に先進国)は上がると考えているので、特に気にせず、今後も気長に買い増しを続けたいと思います。

今年の投資信託系は米国株式と心中します 笑

ちなみに、現在は、どの商品も金額が低めなので、積立投資を始めるには最高のタイミングです。

優先度的には、iDeCoが先ですが、この機会を逃さないようにしましょう!

大学職員の投資(守り):外貨(ユーロ・ズロチ)

あまり知られていない珍しい投資方法ですね。これがほったらかし投資の1つとしてまた素晴らしいんですよ。

端的にいうと、ユーロを売り、ズロチ(ポーランドの通貨です!)を買いで持ち続ける投資方法です。

この2つの通貨はレートが非常に似通っているため、含み損をあまり抱えず、スワップ(金利)だけをもらい続けることができるのです。

金額の変動はありますが、かなり安定していますね。今回のコロナショックでも、こちらの投資は無風でした。(むしろ投資チャンスでした!)

今月も引き続き合計60万で挑戦中です。

投資元本 利益 利益率(年利) 時価 評価損益
(時価-元本)
2月 200,000 0 0.00% 198,434 -1,566
3月 600,000 3,297 6.59% 474,499 -125,501
4月 600,000 2,905 5.81% 471,518 -128,482
5月 600,000 1,373 2.75% 548,165 -51,835
6月 600,000 233 0.47% 545,232 -54,768
7月
8月
9月
10月
11月
12月
累計 7,808 3.12% -46,960

証券会社は現状、最も条件の良いトレイダーズ証券(みんなのFX)を利用しています。

決め手は、スワップ(金利)が最も高いことですかね。

しかし!非常に残念なことに、金利が急激に下がっています・・・

今月はわずか233円(年利0.47%)しかもらえませんでした・・・

これはちょっと怪しくなってきましたね。

損しているわけではないのが救いですが、これならソーシャルレンディングの方が有利な気がします。

FXをはじめ、外貨ってついつい値動きを気にしてしまいますし、このまま持ち続けていいのかと不安になりますよね。

しかし、このユーロ・ズロチ投資の場合、ひたすら持ち続けても利益がでますし、いいタイミングで決済すれば、それはそれで儲かりますし、サラリーマンでもばっちりのまったり投資です。

強いてデメリットを挙げるとすれば、投資に適したタイミングが限られていることでしょうか。(ある程度値上がりしているタイミングでないと、利益が出ない。(だいたいユーロ/ズロチの価格が4.3を超えるのが目安))

先に述べたように、あえて追加投資は考えませんが、様子を見守りたいと思います。

トレイダーズ証券[みんなのFX]

大学職員の投資(攻め):FX(トラリピ(マネースクエア))

大学職員って、「守りの職業」だと思うんですよ。

働いているだけで、ガッツリお金は増えますが、欲はつきませんね・・・ 笑

そこで、最近は、資産を大きく増やすべく、FX(トラリピ(マネースクエア))にも本腰を入れて取り組んでいます。

簡単に紹介しておきますと、トラリピ(マネースクエア) は、いわゆる自動売買FXですね。

FXというと、怖いイメージもありますし、投資初心者は裁量取引(相場を読んで取引をする)をすると、絶対失敗すると思います。

だからこそ、私は自動売買による取引をしているわけです。

自動売買って怪しいと思われがちなんですが、実は逆なんですよね。

むしろ、一撃で数百万!みたいな手動売買の方が詐欺の可能性大です・・・(マジで気をつけてください!)

自動売買は、最初に設定をするだけであとは自動的に利益を積み重ねてくれますね。

詳しい設定等は改めて紹介したいと思いますが、現在は合計700万円で挑戦中です。(安全性を高めるため、さらに追加投資しました!)

投資元本 利益 利益率(年利) 時価 評価損益
(時価-元本)
前年度
累計
261,341 15.55%
1月 6,000,000 49,661 9.93% 5,784,766 -215,234
2月 6,000,000 51,237 10.25% 5,588,725 -411,275
3月 6,000,000 466,466 93.29% 5,104,676 -895,324
4月 6,500,000 71,911 13.28% 5,642,321 -857,679
5月 6,500,000 68,042 12.56% 6,047,189 -452,811
6月 7,000,000 187,165 32.09% 6,720,636 -279,364
7月
8月
9月
10月
11月
12月
当年度
合計
894,482 28.57%
累計 1,155,823 26.71% 876,459

いや〜最高ですね。6月は約18.7万円の利益年利32%超と大活躍でした。

資金を十分につぎ込んでいるので、 6月も安心して見ていられましたね。

引き続きFXドリームが続けばいいですね!

浮き沈みこそありますが、リスク管理さえ適切にすれば、トラリピ(マネースクエア)は毎月数万円を運んできてくれるかなり有力な投資方法であることがわかってきました。

なお、時価を見て頂くと分かる通り、仕組み上、常に含み損(確定していない損失)をかかえるリスクがあります。 しかし、強制ロスカット(損失を確定されてしまうこと)にかからなければいずれ値上がりする可能性が高いですし、あまり気にしていません。

例えば、今月も先月同様、一時的に評価損が28万ほど出ています。

しかし、これまでの累計利益は100万(ついに!!)を超えていますし、実質的にはプラスです。

このように考えれば、含み損で悩むこともなくなりますね。含み損は利益を得るまでの準備みたいなもんです。

大学職員の投資(攻め):トライオートETF

続いて、トライオートETFについてです。

上記のトラリピ(マネースクエア)がFXの自動売買であるのに対して、こちらETF(上場投資信託(株式))の自動売買を行う投資手法(サービス)です。

利益率にムラがある印象のトライオートETFですが、今月はどうでしょうか・・・?

悪夢のロスカットからのリベンジを誓い、引き続き200万円で挑戦中です。(価格が上がってきたので、こちらも念のため追加投資いたしました!)

月々の利益は以下の通りです。

投資元本 利益 利益率(年利) 時価 評価損益
(時価-元本)
前年度
累計
152,269 52.21%
1月 1,000,000 99,627 119.55% 976,374 -23,626
2月 1,396,000 149,119 128.18% 644,435 -751,565
3月 1,000,000 -1,178,263 -1413.92% 1,038,980 38,980
4月 1,000,000 68,641 82.37% 1,102,231 102,231
5月 1,000,000 44,936 53.92% 1,163,273 163,273
6月 2,000,000 65,092 39.06% 2,010,082 10,082
7月
8月
9月
10月 .
11月
12月
当年度
合計
-750,848 -165.14%
累計 -598,579 -134.09% -588,497

3月のロスカットが目立ちすぎていますが、6月もしっかりと6.5万円の利益を出すことができました。

コロナショックの反省を生かし、「値下がりしても生き延びる」ことを最優先に投資しています。

具体的には、余裕資金を潤沢にするということですね。実際の投資額は50万なのですが、暴落に備えて、200万入金しています。

今のところこの戦略で全く問題なく利益が出ています。もちろん、安全性を高めている分、利益率は落ちますが、正直、これだけ出ていれば何も文句はありません。

トライオートETFはあまり馴染みがない投資方法ですが、小額から始められますし、FXと違って難しい設定がないのが良いですね。

いくつかある中からプランを選んで、自分の金額に合わせた分を買うだけです。

今なら、最新プランの「ナスダック100トリプル ヘッジャー」がおすすめですね。

私の失敗を生かしてもらえれば大きな失敗もないと思いますし、今は、価格が低水準にありますので、これから始める方にとっては大チャンスです。

ちなみに、現在の価格であれば、10万円ぐらいから投資できるみたいですよ。さらに、以下のページで1万円がもらえるキャンペーン中です!

少額でも大きな利益が狙えるという点ですごく有望な投資だと感じますし、波に乗ることができれば大きな利益を得られるというワクワクする投資ですね。

なお、こちらも仕組み上、常に含み損をかかえるリスクはありますので、適切に資金管理をしましょう。

引き続きトライオートETFの動向を追っていきたいと思います。

■怖くないETF?自動売買サービス!トライオートETF

トライオートETF

毎月お伝えしておりますが、やはり「為替と株で分散」することは非常に有効です。

今月で言えば、FXも株もうまく動いてくれましたが、3月のように、どちらかがコケる場面が往々にして訪れます。

同じような仕組みの自動売買を使っているにも関わらず、対象がETF(株式)か為替(FX)かで、利益が変わってくるのです。

分散投資のメリットを身をもって実感することができましたね。

大学職員の投資はバランスよく行おう!

今回は取り急ぎ2020年6月末時点の資産額を暴露致しました。

タイトルで「貯金額」と言いましたが、実際は現金が少なく、投資に回しているものが大半です。

このブログのテーマでもありますが、大学職員兼資産家を目指すためには、投資に注力することが不可欠なんですよね。

ソーシャルレンディングや自動売買FXトラリピ(マネースクエア)、トライオートETFなど、聞きなれないものもあったかもしれませんが、本当に色々な投資方法があります。

また、そういった変わった投資を取り上げがちであるものの、実は社債、投資信託、iDeCo といった定番商品で土台を固めているという点にも是非注目してほしいと思います。

自身の勉強をかねて、引き続き投資の記事を書きたいと思っておりますので、お付き合い頂ければと思います。

大学職員は仕事以外で攻めてナンボ!ということで、引き続きリスクをとっていきます!

■値動きに惑わされないのんびり投資!SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング


怖くないFX?自動売買FXトラリピ!マネースクエア
マネースクエア

怖くないETF?自動売買サービス!トライオートETF(1万円がもらえるキャンペーン実施中!)

トライオートETF

■ほったらかし投資の最終形!ユーロ・ズロチ投資ならトレイダーズ証券[みんなのFX] トレイダーズ証券[みんなのFX]


最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク