【投資・FX初心者必見】FXとは何か【危険?ギャンブル?】

スポンサーリンク




投資系大学職員のコウジ(@enjoy_dslife)と申します!

この記事では、最近私が注力している「FX」について紹介します。

投資をかじっている人なら、FXという言葉自体はいろいろなところで聞くと思うのですが、まぁ〜印象が悪いですよね 笑

メジャーで情報が豊富なのに、これだけネガティブなイメージがついているのも逆にすごいな〜と思ってしまいます。

特に情報感度が高い方ほど、FXはギャンブルだ!とか、失敗したら人生が終わる危険なやつだ!(借金させられる!)と拒絶反応が出てしまう方も多いですよね。

実は、私も少し前までそうでした・・・

ただ、浮き沈みこそありますが、実際にFXを始めて、資産増加のペースが増したのは紛れもない事実なんですよね。

コツコツ貯金・・・も大事なのですが、さらなる経済的自由を目指すなら、ある程度リスクをとって、他の投資方法にもチャレンジすべきだと思うのです!

特に大学職員のように比較的安定した職業の方は、日々の仕事で守りを固めている分、投資は攻めてもいいと思うんですよね。

とはいえ、誰でも最初は怖いものかと思います。

今回はFXを始めてから順調に利益を上げてきた「元初心者」の立場から、初心者の恐怖心をなくせるよう解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

そもそもFXとは?(初心者向け説明)

まずはそもそもFXとは何かを簡単に説明します。

FXとは、日本語でいうところの外貨為替証拠金取引です。

世界には様々な通貨(円、ドル、ユーロ等)があり、その価格は常時変動していますが、これらを交換する際の金額差を利用して利益を上げる方法ですね。

よく、ニュースなんかでも「1ドル=110円に上昇しました」なんて出ていると思いますが、まさにあれが為替相場です。

続いて具体的な取引イメージを見てみましょう。

■FXの「買い」イメージ(わかりやすいよう、レバレッジ・手数料等は除外して考えます。)

1ドル=100円の時に100円を1ドルに交換(100円を投資)

1ドル=110円の時に1ドルを円に戻すと、110円が返ってくる(=10円の利益!)

つまり、円の価格が上がった時に利益が出る!

また、FXはこんな取引もできます。

■FXの「売り」イメージ(わかりやすいよう、レバレッジ・手数料等は除外して考えます。)

1ドル=110円の時に1ドルを借りて、円に交換(仮で110円ゲット!)

1ドル=100円の時に円をドルに変えて、1ドル(円換算100円)を返す (=10円の利益!)

つまり、円の価格が下がった時に利益が出る!

なんとなくわかりましたかね?

まずは、FXとは、異なる通貨の交換を繰り返すことで利益を出していくということがわかればOKです!

FXのメリット

FXのイメージが掴めたところで、続いてFXのメリットを見ていきましょう。

FXの大きなメリットは主に2つです。

メリット1:「買い」だけでなく、「売り」でも利益を出せる

まず、1つ目のメリットは、上記の通り、買いと売りという2つの取引を使い分けることによって、ある通貨の価格が上がっても下がっても利益を出せることです。

普通の株なんかですと、上記でいうところの「買い」に当たる取引しかできないですよね。

そうなると、価格が上がっているうちは儲かりますが、下がった場合は含み損(確定していない仮の損失(価格が戻れば復活!))がどんどん膨らんでいくばかりです。

一方、FXは戦略によって、値段が上がっても下がっても利益をあげることができるので、利益を得る方法がさらに幅広いということになります。

メリット2:レバレッジをきかせて投資ができる

2点目ですが、FX最大のメリットはレバレッジをきかせた投資ができるということです。

日本語で「証拠金取引」とあるように、ある一定の金額(これを証拠金と言います)を入金すれば、それ以上の金額で投資をすることができます。

■通常の投資との比較

通常の投資:10万円あったら、10万円分の取引が可能

FX:10万円あったら、最大250万円分の取引が可能(業者等により、レバレッジは異なります)

つまり、少ない資金で大きな金額を動かすことができるわけです!

当然ながら、投資金額が大きくなれば、そのリターンである利益も大きくなりますよね。

このレバレッジによって、より大きな利益を得られるというのがFX最大の魅力です。

よく、FXを利用して1年で1億円稼いだ!みたいな話を聞きますが、このレバレッジがあるからこそ実現可能になるわけです。(その話が嘘か本当かは置いておいて)

普通の投資でそこまで稼ぐには、どれだけの元本が必要なんだって話ですからね。(普通の人はまず無理!)

コツコツ貯金して、コツコツ無難な投資をしては到底実現できない利益を狙えるというメリットがあるからこそ、リスクをとってまで投資家はFXを行うわけです。

利益をゲットできるチャンスが複数あり(メリット1)、さらにレバレッジをかけて少ない資金でも大きな利益を狙える(メリット2)という投資方法こそがFXです。

スポンサーリンク




FXのデメリット

ここまでFXのメリットを説明してきましたが、しっかりとデメリットについても確認していきましょう。

デメリット1:ロスカットの可能性がある

FX最大のデメリットは、やはりロスカットがあることですね。

ロスカットとは、値動きによって生じた含み損(仮の損失)が確定されてしまうことです。

■ロスカットのイメージ(イメージですので、実際の設定とは異なります)

例:ロスカットレートが1ドル=80円の場合

1ドル=100円の時に100円を1ドルに交換

1ドル=90円→含み損10円(確定していない=価格が上がればチャラになる!)

1ドル=80円確定損失20円 ※ロスカットになり、強制決済された(ドルを円に戻された)

※ロスカットのルールは各証券会社でも異なるので、利用する会社のルールを確認しましょう!

私もCFD(株の証拠金取引)では経験済みなのですが、これ、血の気が引きますよ 笑

ここから挽回して、値段が上がれば(下がれば)儲かる!と祈り続けて、その祈りが届かなかったときはなんともいえない気持ちになりました。(もちろん大損でした)

上の例では、大したことないように思えるかもしれませんが、実際はロスカットになると、レバレッジをかけている関係で投資額の大半を失うこともあり、重く受け止める必要があります。

これはレバレッジをかけているが故に生じるデメリットですね。

現物取引である投資信託(NISA)等はロスカットがないので、どんなに価格が下がろうとも、上がるまで待ち続けることができます。

一方、FX等のレバレッジをかける投資商品はこのロスカットがあるので、ある水準を下回る(上回る)と、強制的にその取引が終了となってしまうのです。

FXに取り組む際は、兎にも角にも「ロスカットにならないよう資金管理を行う」ことが重要になります。

参考:ロスカットになったら、借金を背負わされる?

ここで、よくある疑問に答えたいと思います。

それは、「FXで負けたら借金を背負うことになり、人生終わる?」というものです。

先に結論から言えば、「真っ当にやっていれば、そこまでには至らない」でしょう。

というのも、先に説明したロスカットとは、ただの意地悪な仕組みではなく、我々投資家が投資額以上の損失を負わないために設けられた仕組みだからです。

FXはレバレッジをかけられる分、投資額以上の金額を運用することができます。ということは、損失額も本来であれば、投資額以上発生する可能性がありますよね。

しかし、それでは、よく分からずに大損する人が続出するでしょうし、それこそ借金を背負う方も出てくるでしょう。

そこで、損失が拡大し続け、そういった悲劇が起こりにくいように、損失額が投資額とほぼ同額となるタイミングでロスカットが行われ、損失額が確定されるようになっているのです。

急激な相場変動により、多少投資額を上回ってしまうことはあるそうですが、余裕資金で投資をしている方であれば、それにより借金を背負うことになる可能性は低いでしょう。

ちなみに、FXで借金を背負ってしまう方というのは、逆に「借金をしてまでFXをしてしまった方」ですね!

こんなやついるのかと思ってしまいますが、投資に慣れるほど借金をしてもFXをしたい欲望に駆られるようです。

■借金をしてまでFXをやってしまう2パターン

1.調子に乗って、利益を増やすべく借金してしまうパターン

例えば、FXで年利10%の利益を上げている方がいたとします。

金額等にもよりますが、消費者金融でお金を借りる場合、10%以下(3%とか)でお金を借りられますよね。
そうすると、3%分の利息を払っても、残りの7%分儲かるので、お金を借りてでもFXに投資した方が利益も出るように思えませんか・・・?

はい。こんな考えが浮かんだら、なかなか危険ですね!

年利10%ってなかなかすごいわけですが、これが今後も維持できる保証は何もないです。
つまり、その後、年利10%どころか、ロスカットでマイナスになってしまったら・・・

借金が返せなくなって、終わりという最悪の結末もあり得ます。

どんなに調子が良くても、あくまで余裕資金で投資をしましょう。

 

2.ロスカットを避けるため、無理をして借金をつぎ込むパターン

もしかすると、こっちの方がよくあるパターンかもしれません。

先ほど申し上げたとおり、FX最大の敵はロスカットです。

そのロスカットを避ける方法で最もシンプルなのは、投資額を増やすことです。
投資額を増やすことで、資金に余力が生まれ、より値下がり(値上がり)に耐えることができるようになります。

そのため、例えば「あと10円の値下がりに耐えることができれば、値段が上がってくるはずだ・・・」と読んだ場合、なんとか耐えるため、無理に借金をして投資をしてしまう人がいるのです。

これはある程度経験を積んだ人ほど考えそうなことでもあるので、投資に慣れている方でも気をつけないといけません。

この場合、もし予定通り値段が上がっていけば、借金の分を引き出して返済もできますし、そこまでの値下がりがあって復活すれば、それなりの利益も出ているはずなので、ハッピーエンドです。

ただし、読みが外れて値段が下がり続け、結局ロスカットしたら・・・

はい、これもなかなかハードな結末が待っていますね。
大損して、借金が返せなくなる可能性もあります・・・

このように、FXをやって借金を負ってしまうケースは確かにあります。

ただし、上記2パターンが大半であり、「投資は余裕資金で行う(借金でFXなんて、もってのほか!)」という基本を忠実に守れば、過度に怯える必要はないことを是非覚えておいて欲しいと思います。

スポンサーリンク

デメリット2:為替相場を読まなければならない

話を戻しまして、FXのデメリット2つ目です。

これは、メリットと表裏一体なのですが、FXは”普通のやり方だと”、為替相場を読まなくてはいけません。

先ほどFXは買いと売り両方で利益を出せる、つまり、値段が上がっても下がっても利益が出せると説明しました。

これは逆にいうと、選んだ通貨の価格がこれから上がるのか下がるのかを予測しないといけないということを意味します。

シンプルですが、価格が上がると思えば「買い」で攻めればいいですし、価格が下がると思えば「売り」の注文を入れれば簡単に儲かります。

ただ、この価格が上がるか下がるかを予想するということが想像以上に困難を極めます。

各通貨の力関係にもよりますし、様々な経済関連情報にも影響を受けますので、簡単に答えを導き出せるものではありません。

そして、確実な規則性も多くはないですし、答えが1つではないため、世界中の名だたるプロが凌ぎを削っている驚異的な世界なのです・・・

この難しさがFXはギャンブルみたいなものだと言われる所以かもしれませんね。

難しすぎて、値段が上がるか下がるかは神のみぞ知るということでしょうか・・・

FXは初心者にもできるか?(危険は避けられるか?)

この記事では、FXとは何かをメリットデメリットを踏まえて紹介してきました。

■メリット
・「買い」だけでなく、「売り」でも利益を出せる
・レバレッジをきかせて投資ができる

■デメリット
・ロスカットの可能性がある
・為替相場を読まなければならない

FXは利益を出せる方法が複数あり、レバレッジをきかせて効率的に大きな利益を出せる方法である一方、ロスカットにより投資額を失う可能性があり、為替相場を読む必要のある比較的難易度の高い投資であるということですね。

一攫千金を狙えるような、夢のある投資だとは思いますが、実際問題、初心者でもできるものなのでしょうか?

私の見解としては、初心者が”普通のやり方”でFXをするのは、やめておいた方がいい!と考えています。

その理由は2つです。

■初心者に為替相場を読むのは不可能

最大の理由はデメリット2つ目の「為替相場を読む」というのが初心者には極めて困難だからです。

ある通貨を他の通貨に交換するという普通のやり方でFXを行う場合、その後、価格がどう動くかが全てです。

つまり、相場が予測できないと利益を上げることはできませんし、損をします。
逆に相場が読めれば、確実に利益はあげられますが、そんなことが誰でもできるならば、全員が億万長者ですよね・・・。

巷には、相場が読めるようになるための本や教材がありますが、どれも確実ではなく、運よくハマることはあっても、あくまで著者の見解でしかないですね。

語弊を恐れず言えば、初心者に為替相場は読めないと言ってしまっていいでしょう。

■為替相場を読むには多大な労力がかかる

また、為替相場をより正確に読むためには、日夜為替相場を見続けて、その分析をすることになります。

これを聞いただけでも、本業のあるサラリーマン・OLにはキツそうなのがわかりますよね・・・

FXにはそればかりをやっているプロもいますし、そんな方と我々サラリーマンが同じ戦略で戦えるわけがありません。

これもビギナーズラックはあっても、長期的な再現性は低いでしょう。

為替相場を見続けて、短期的に利益を出すタイプのFXはもはや投資ではなく、労働と言えるかもしれません。

 

このように、正直なところ、FXは初心者が取り組むにはかなり厳しいことを覚悟しなければなりません。

せっかく魅力的な投資だと思ったのに、残念です・・・

FXは初心者には難しすぎる!でも、やる方法はある!

FXは初心者には難しい投資であると紹介しましたが、それでも、FX未経験者であった私は2019年からFXを始めました。

それはなぜかというと、「相場を読まなくていい」「投資後、ほったらかしにできる」FXの方法を見つけてしまったからです。

そうです。極めて難しいFXですが、初心者にも方法はあるのです!

最大の魅力である、レバレッジをかけて大きな利益を上げることができるのに、初心者には難しすぎる為替相場を読む必要がないFX。

これなら、FX初心者の私でも取り組めると確信し、その確信は日に日に増しています。

そのFXサービスこそ、今や累計利益130万円以上を稼いでいる「トラリピ」です。

マネースクエア

トラリピ」を知って、私のFXに対する考え方は完全に変わりました。

FXはやり方次第で、初心者でも十分取り組めます!

それでは、もったいぶらず、次の記事で「トラリピ」について説明したいと思います。

【FX初心者必見】トラリピとは【累計利益100万超】

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク