【安定して配当をゲット!】ソフトバンク社債 販売開始!【買うべきか?】

  • 2022年1月8日
  • 2022年1月8日
  • 社債
  • 310view

ソフトバンク社債発行が決定!

投資系大学職員のコウジ(@enjoy_dslife)です。

各種メディアでも報道されておりますが、2022年もソフトバンクグループの社債が販売を開始します。

ソフトバンクグループ社債とは・・・

ソフトバンクグループ株式会社が発行する無担保社債になります。
同社の社債は、債券の中でも非常に人気が高い銘柄で、過去には販売開始後、数日で完売した実績があります。

国内企業としては最大規模の社債発行ということで、低金利時代で大人しくなっている社債投資業界?としては久々に盛り上がる話題ができたという感じでしょうか。

概要としては、以下の通りです。

条件決定:2022/1/20(木)
販売開始:2022/1/21(金)
期間  :7年(満期:2029/2/2)
利率(仮) :年2.15%~2.75%(税引前)
最低額 :100万~
格付け :BBB+(JCR)
発行額 :5500億円

いや~5500億円はすごい規模ですね・・・
これだけあれば、なんとか買えそうな気はしますね。(いい社債は瞬殺でなくなることがよくあります。)

投資イメージとしては、1口(100万)投資すると、7年後に115万から119.2万円ぐらいになって返ってくる感じですね。(わかりやすく税金は除外しています)

正確には、半年毎に利息が支払われるので、1口あたり10,000円~13,000円ぐらいのお小遣いが年2回もらえます。

このようなソフトバンク社債ですが、実際に投資すべき案件なのかどうかを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも社債投資とは?

改めて社債投資とは何か、簡単に言及しておきますね。

社債は国債と同じく、初心者向けの商品としていろいろなところで取り上げられてます。
ざっくり言うと、国や企業に、定められた期間中お金を貸すことによって利息を得る投資商品ですが、主な特徴としては、以下の点があります。
■メリット
・投資判断がしやすい(格付けにより判断しやすい)
・安定感がある。(国、企業が倒産しなければ、満額(+利息)が返済される。)
価格変動を気にしなくていい。(満期保有の場合)

■デメリット
・社債の場合、ある程度の資金が必要。(10万~100万単位が多い。国債は1万~)
・社債の場合、満期を待たず売却すると、元本割れを起こす可能性がある。

やはり投資初心者にとっては、安定感が第一です。

とはいえ、安全性の高い預貯金や私学共済積立貯金のような商品では利率が物足りなくなってきた・・・という方に特におすすめですね。

私もこの流れで以前は社債に入れ込んでいました。

※今はトラリピにぞっこんなので、社債はお休み中です 笑

まずはメリットのお話ですが、社債投資は投資判断がしやすいのがいいですね!

個人的には、正規の証券会社で販売されていて、投資格付けがAとかB+ぐらいあれば、安心してよいと判断しています。

本当は財務情報を見て、将来性を判断したほうがいいんでしょうけど、短期的な値動きをシビアにみるような投資ではないので、初心者でも格付けを基に簡単に投資判断できるのもありがたいです。

とはいえ、社債は怪しい詐欺案件や正式な商品でも将来性が不安な商品もなくはないので、十分注意して下さい。

そして、安定的に配当を受け取ることができるため、満期まで保有することが前提となり、価格変動を気にしなくていい点も大変魅力です。

我々には本業がありますので、いくら投資が好きでも一日中チャートを見ていないといけない投資は生活に支障をきたします。

そして、そういった投資って精神がすり減るんですよ・・・
初心者の方は特に「楽できる投資」を選ぶことが大切です。
一方、デメリットですが、国債は1万円から買えるものの、社債は個人向けでも100万単位のものが多く、ある程度元手が必要ですね。(まぁ大学職員の皆様にはなんてことないでしょう 笑)
さらに、中途売却もできなくはないのですが、元本を割ってしまう可能性がありますので、極力避けてください。
社債投資は特に期間内は使わない余剰資金で投資することを心がけましょう!
スポンサーリンク

ソフトバンク社債は投資先としてありか?

個人的な判断ではありますが、とにかく安定感重視で、ある程度まとまったお金があるならば、投資してもいいと思います。

まず、利率ですが、以前発行した社債よりは高水準です。
だいたい中間の利率に決まると考えると、年利約2.45%ですか。

ハイリスクな投資を見ていると感覚が狂いますが、銀行の低利率なんかを考慮すれば、まぁ、悪くないでしょうか?

ただし、利率が上がっている一方で、格付けは若干下がっています。(以前はA-でした。)

格付けだけで見れば「投機的」という判断になりますし、この部分を厳しく見る方もいるかもしれませんね・・・

今回の発行額も5500億円と膨大ですし、あまりの負債額に様々なネガティブ情報が流されているソフトバンクですが、メイン業務が大きな安定収入をもたらしている通信業であること、また、企業として、大きすぎて潰せない状態になっているということもあるので、個人的には7年以内で倒産というのはほぼないかなと楽観視してしまいます。

なお、投資的な懸念点としては、7年という期間100万円以上でしか買えないという点です。

この点により、ある程度まとまったお金があって、7年間のんびりお金を寝かせられる人でないと厳しいと考えたわけです。

改めて結論ですが、私も現金が余り気味で、「投資先が他にないなら」投資を検討すると思います。

※もし、まだiDeCoなどをやっていない方がいたら、まずはそちらを優先したほうがよいと思います。

なお、現時点で私がキャッチしているのは大和証券のみですが、いつも通り複数の証券会社で販売することになると思います。

これから口座開設をするならば、他の用途も考えて、SBI証券マネックス証券などのネット系証券会社が間違いないでしょう。

わざわざ店舗に行かず気軽に買えますし、取り扱っている商品数も多いです。

そして何より、この二つでは、社債2トップのSBI債マネックス債が購入できます。(他では買えません!)

なお、先ほど申し上げたように、発行額からして即完売ということにはならないと思いますが、それでも申込は先着順となります。

購入を検討されている方は、早めに口座を準備して買い逃しのないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

社債投資はちょっと・・・と思ったら

一方、ここまで読んで頂き、以下のように思った方が多いかもしれません。

・いきなり100万も投資できない!
・7年はさすがに長すぎる・・・
・利率2.5%ぐらいか・・・少ない気が・・・

こう思った方は、是非ソーシャルレンディングを検討してみましょう

私は社債投資からソーシャルレンディングに投資先を移していったので、上記のような気持ちがよーくわかります。

社債投資が持つ「安定感」「価格変動がない」という特性を持ちつつ、さらに「少額から」「短期間で」「高利率」という大きなメリットを持つソーシャルレンディング社債投資のステップアップに最適です。

もちろん社債の方が安定感は高いと考えますが、その分ソーシャルレンディングは少額で投資できますので、万が一を考えても安心です。(社債がデフォルトに陥ったら、金額が大きい分結構痛手ですよね・・・)

個人的に、ソーシャルレンディングは社債の上位互換だと思ったりもしますので、社債投資に興味を持った方は、せっかくなのでもう一歩踏み出して調べてみてくださいね!

社債の紹介といいつつ少々話が逸れましたが、ご自身のリスク許容度・目標利益に応じて、投資先は選んで欲しいと思います。

社債は伝統的な手法ですし、安定感のある初心者向けの投資ではあります。

しかし、何も投資は社債投資だけではありません!

社債投資には社債投資で必要資金が高額だったり、デメリットもありますので、他にも様々な投資があるということをご認識頂ければと考えています!

大学職員は仕事以外で攻めてナンボ!ということで、引き続き身を削って投資を紹介していきます 笑

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!